Podcast231 他人に成り代わってみたい。

Fullcity ポッドキャスト by Beans Base
Fullcity ポッドキャスト by Beans Base
Podcast231 他人に成り代わってみたい。
/

Beans Baseが公開するポッドキャスト「Fullcity ポッドキャスト by Beans Base」を更新しています。カフェでの出来事を日記形式でブログとポッドキャストにしています。ポッドキャスト用のTwitterもやっているので、ぜひフォローを宜しくお願いします。カフェの営業日や営業時間、臨時休業などの情報はホームページInstagramにて公開中…!

ポッドキャストを更新しました!

Podcast231 他人に成り代わってみたい。

僕は君になってみたい。僕は僕のことを知りすぎている。わかっているんだ。僕自身がどうしようもなく、どうしようもない奴なんて知りすぎている。だからこそ、君に成り代わってみたい。

君は言うだろう。「成り代わって楽になれる程、簡単な人生を歩んでいないよ。」…と。失礼した。それでも君に成り代わってみたい。そうだ、僕も簡単な人生を歩んできたわけじゃない。学生時代、臭いだの汚いだのいじめられることもあった。成績でマウントを取られたこともあった。社会に出れば、つらい言葉を浴びながら満面の笑みで仕事をやり続けたこともあった。

それでも、僕は僕のことをどうしようもない奴と考える。臭いと言われて柔軟剤を変える努力をしたのか?いじめに対して「やめて」と声を張り上げたことはあったのか?成績をちょっとでも上げようと勉学に励んだか?仕事を辞める努力をしたか?

否だ。僕は現状を改善しようとする努力をしなかった。だから、僕は僕自身でどうしようもない奴と感じる。そう感じると、身に着けている服でさえも、どんなに高価なものでも、ただの布切れに感じる。

僕から見た君は、努力をしているように感じる。このブログ、YouTube、ポッドキャストを閲覧している皆さんへ平等に感じる。だからこそ、君になってみたい。新しい人生を歩んでみたい。

僕は僕のことを語ることしかできない。僕が君を語ることはできない。不可能だ。なんて言っても君になったことはないのだから。君になって君を語ってみたい。僕はもう、僕を語りたくない。語られる人に成りたい。努力している君を語りたい。