Podcast226 今日は僕の彼女を紹介しよう

Fullcity ポッドキャスト by Beans Base
Fullcity ポッドキャスト by Beans Base
Podcast226 今日は僕の彼女を紹介しよう
/

Beans Baseが公開するポッドキャスト「Fullcity ポッドキャスト by Beans Base」を更新しています。カフェでの出来事を日記形式でブログとポッドキャストにしています。ポッドキャスト用のTwitterもやっているので、ぜひフォローを宜しくお願いします。カフェの営業日や営業時間、臨時休業などの情報はホームページInstagramにて公開中…!

ポッドキャストを更新しました!

Podcast226 今日は僕の彼女を紹介しよう

やあ!せいちゃんだ。今日はとても嬉しいトークをするとしよう。紹介しよう彼女について。皆様には黙っていて申し訳ないとともに、この嬉しい状況をYouTubeでご紹介したい。

こちらのコーヒーだ。このコーヒーが彼女だ。違う。今、君たちは誤解をしたね?

コーヒーを、職業としての彼女とも言うが、今回はそうではない。概念的な彼女ではなく、このコーヒーこそが彼女との思い出なのだ。

そう、今回のYouTube動画は彼女を直接的に見せるのではなく、彼女の思い出をトークする。

まだ意味が分らない者、挙手。(そうか、そんなに意味が分からないか)

よくよく言いまわせば、このコーヒーは彼女との思い出であり、それは過去のモノではなく、未来のモノと言っておこう。

トークの意味が分からなくなったら、例えの話をすればリスナーへそのトークは伝わりやすくなる。例えの話をしよう。

ここに万年筆がある。これは東京で買ったものだ。これには東京の彼女たちの思い出が詰まっている。つまり、東京の女性たちとの思い出だ。僕は東京の彼女との思い出を所有しているのだ。

もう一つ例え話をしようと思う。

君が好きなアーティストがいたとしよう。そのアーティストと同じライブ会場にいたとして共有している吐き出し、吸っているその酸素・二酸化炭素はそのアーティストとの思い出ではないのか。

トークに戻るとしよう。このコーヒーは僕の未来の大切な女性が飲む可能性がある。大いにある。つまり未来の思い出となっているのだ。つまりこのコーヒーは彼女との思い出そのものであり、このコーヒーはまだ見ぬ彼女そのものである。

証明終わり。

今回は特別に君たちの彼女・彼氏にも触れておこう。君たちは思い出を作るのではなく、思い出になるのだ。つまり、君は彼らであり、彼らは君なのだ。未来の共有物なのだ。君は愛され、愛される喜びを未来で知ることだろう。だから自分を卑下しちゃだめだ。彼そして彼女を卑下することになるのだから。

君は素敵だ。どこかの誰かの思い出であり、どこかの誰かの大切な人であり、どこかの誰かを大切にする人なのだから。